【キーボード】いろいろなメーカーのキーキャップを購入してみた!【Keycaps/Keyboard】

キーキャップ更新履歴

2022年11月1日 

GMK DANDY」を追加しました
GMK Nines」を追加しました

今まではGMKキーキャップを多く購入してきましたが、値段も高いし購入しても届くまでのリードタイムが長すぎて萎えてきていました。高いお金を払ってるのに1年~2年平気で手元に届かないなんてなんかアホらしくなってしまったのが本音です。

今はGMKだけでなく多くのキーキャップブランドが展開しています。ほぼGMKだけを購入してきた身としては他メーカーのキーキャップもたくさん触っていきたいなとも考えてました。

という訳があり今手持ちにあるGMKは全て売却し、それを元手にいろいろなメーカーのキーキャップを購入してみました。GMKは本当に欲しい物だけExtra販売で購入すればいいかなと思ってます。

自分でも怖くなるくらい色々なメーカーのキーキャップを買ってみたのでたくさんの写真をのせてレビューしてみました。気になるものや参考になるものがあれば幸いです。なおこの記事はキーキャップを買うごとに追加して更新していく予定です。

更新は遅いかもしれませんがキーボードにのせた写真もアップ予定です。

フジワラ
フジワラ

フジワラです。TwitterInstagramやってます。

記事の下の方からコメントできますので、お気軽にコメントしてください。

スポンサーリンク

キーキャップの素材について

キーキャップに使われている素材について自分の認識を確認するために記載します。間違った記述があればコメントで教えていただけると嬉しいです。

キーキャップを作成する工場の動画も見てみると面白いのでおすすめです。

ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)プラスチック

加工しやすく、発色がいいため多くのキーキャップで使用されている素材。

2色成形(Doubleshot)加工をすることで異なる2色を使って成形することができる。ダブルショットは金太郎アメのような構造になっており、タイピングによる摩擦で印字が消えることがない。

ダブルショット成形したキーキャップの断面
引用:Ripster Keyboard Science: Doubleshot Keys
GMKの2色成形(Doubleshot)の裏面

耐久性は弱く日光や紫外線に当ててしまうと徐々に劣化していく。長時間のタイピングにも弱く、印字は消えないが摩擦していくに連れてキーキャップの表面がテカテカしてくる。

表面はツルツルしており、比重が軽いため打鍵音は「カチャカチャ」と高音より。

PBT(ポリブチレンテレフタレート)プラスチック

耐久性があり厚みのある素材でキーキャップの音がコトコトと低音より。表面はABSよりはザラつきがある。

ABSより融点が高いことを利用した昇華印刷(Dye sublimation)で文字を印字している。特殊なインクを高温・高圧でキーキャップに浸透させる方法。インクがプラスチックに染み込むので印字が消えることがない。また、ABSのように表面がテカテカになりにくいのも特徴。

PBTダブルショットの製品も一応はあるが、昇華印刷があるため積極的には使われていない印象。ABSダブルショットは成形コストがかかるため、PBTに昇華印刷をして安く提供するのが今の旬なような気がする。

素材が高価であること以外のデメリットとしては印字ズレ・にじみ・反りが発生する可能性がある。「Talpkeyboard」さんではにじみキーキャップの対応をした過去がある。「KAT Cyberspace」でも大きな印字ズレが発生したことがある。スペースバーが反った場合はお湯につけて平らな面に押し付けて矯正(Youtube)することができる。

スポンサーリンク

Aliexpress

とにかく”安い”が売りの「Aliexpress」です。キーキャップの品揃えもよくついつい余計なもの買いがち。配送が遅いけど送料は無料の場合が多い。低価格で高品質な物を求めてさまよっています。

Aliexpress GMK Clone

素材ABS
印字Double-Shot

商品ページ Aliexpress GMK Clone

GMKのクローンキーキャップ。GMKより安価で品質もそこまで悪くありません。170キー前後を付属してABSダブルショットを採用、これで4000円~5000円です。

クローンキーキャップをキーボードに乗せるのはなんか嫌という気持ちが湧いてきますが、安いは正義なので気にしません。

WOB

ダンボールに入って届きました。

プラケースに入れられています。どこぞのじゃがいもケースとは違うみたいだ。

もっと粗悪なのかと思ったけど全然そんなことない。正直GMKと比べられても普通の人ならわかんない気がする。

みんな大好きな○✕キーや謎文字キーキャップもあります。しかしこれ以外に奇抜なノベルティは付いていないのでそこは残念。

mStone SAFE Keycap STORAGE」に格納。

Heavy Industry

RAMA PBT Heavy Industry」に似たキーキャップ。ほしかった色合いだったので買ってみた。

こちらも色味がいい感じです。

分割スペースバーもあるのでAlice配列好きにも最適です。

mStone SAFE Keycap STORAGE」に格納。

Nautilus

「Nautilus」も勇気がいるカラーだったので買うのを渋っていましたが安いので買ってみました。GMK製と比べると色味とかどうなんでしょうか。

テンキーと色違い矢印キーが付属するのも嬉しい。

ABSダブルショット採用のキーキャップ。GMKとは成形が異なります。

GMK製ダブルショットの底面

厚みは1.6mmほどでした。

mStone SAFE Keycap STORAGE」に入れてみました。綺麗に整列するとかっこいい。

キーボードにつけてみた

Grid650」にWoBをつけてみました。もうキーキャップはこれで良いのでは…。

種類もたくさんあるのでぜひ見てみてください。価格はセールや時期によって変動するので安い時期やクーポンがあるときに購入するとお得です。今は少し値上がりしています。

これだけ低価格で出されるとGB(グループバイ)で高いお金出して何年も待つのが苦行でしかない…。

商品ページ Aliexpress GMK Clone

Aliexpress Civilization

素材PBT
印字Dye Sub

商品ページ Aliexpress Civilization

種類としては「GMK Clone」と同じだがショップが違うので別で紹介する。

GMK Civilization」のクローンキーキャップ。PBT採用で色合いが好みだったので買ってみた。前述したクローンとは少し値が張るがそれでも1万円以下。

いつものダンボールに入ってます。

プラケースも付属します。

ホワイトキーキャップにゴールド印字がとてもいい感じです。

前述したGMKクローンとは異なり、ノベルティが多く付属しています。

残念なのがAlice配列用の分割スペースバーは付属していません。6u、6.25u、7uの3種類。

にじみや印字ズレなどもありませんでした。

ノベルティのモアイとか宮殿のアイコンがかわいい。ちなみにシヴィライゼーションはやったことない。

キーキャップの厚みは約1.5mmでした。

こちらもダンボール梱包だったので「mStone SAFE Keycap STORAGE」に格納しました。

商品ページ Aliexpress Civilization

Aliexpress Red Russian

素材PBT
印字Dye Sub

商品ページ Aliexpress Red Russian

4000円くらいで買えた激安キーキャップです。

正方形の巨大プラケースに収納されて到着しました。

レトロ感があるキーキャップで赤いキリル(ロシア)印字がかっこいいです。キリル文字って絵文字みたいで可愛いです。

懐かしいWindowsロゴも付属しています。

キーキャップの厚みは1.6mm程度です。

印字は綺麗でズレやにじみなどもありませんでした。

プラケースは大きすぎて邪魔なので「mStone SAFE Keycap STORAGE」に収納しました。キーキャップケースのベストバイだと個人的には思っています。

このケースお気に入りですが最近売れているのか在庫切れが多い。

商品ページ Aliexpress Red Russian

Aliexpress Blue Russian

素材PBT
印字Dye Sub

商品ページ Aliexpress Blue Russian

これまたAliExpressで見つけた「Blue Russian」です。なお名前はなかったので勝手につけました。PBTで昇華印刷のキリル文字(ロシア)付きってだけで買ってみました。

4000円くらいの激安キーキャップです。小さいプラケースに収納されてきました。

キーキャッププラーとスペースバーも6.25uと7uが付属します。残念ながらISOエンターは付きません。

キリル文字はブルーで印字されておりなかなかおしゃれです。

ノベルティのロゴはよくわからないですね。飛行機とか太陽みたいなものがあります。

Windowsロゴもありますよ。

写真で色味を表現するのってかなり難しいですね…。

mStone SAFE Keycap STORAGE」に引っ越ししました。

なんか真っ白!っても言いにくい色合いなんですよね。僕にカラーマッチングの仕事させたら即クビになりそうです。

印字はくっきりしていますが少しズレがありました。Windowsのロゴが微妙にずれています。気のせい?

水色の印字がかわいいです。

GMK製のキーキャップでよく見られるキーキャップ上部の成形跡みたいなものがありました。なんか気になりますよねこれ。

キーキャップの厚みは1.3mmとなっていました。標準は1.5mm程度なので薄い成形です。

残念なことに現在は売り切れていました…。入荷したらぜひ見てみてください…。

商品ページ Aliexpress Blue Russian

スポンサーリンク

DOMIKEY

KeebTaro」さんの動画で気になってた打倒GMKのキーキャップメーカー。

GMKよりも安くプラケースに収納されキーキャップ上面の成形跡もなくダブルショット&トリプルショットABSを採用した高品質キーキャップになっている。

素材ABS
印字Double-Shot

パッケージがかわいい。

今回は「ALL IN ONE KIT」を購入してみました。キットごとに購入することもできますが「ALL IN ONE KIT」でも130ドルほどなのでかなりお買い得です。

基本的な「ALL IN ONE KIT」はこのようになっています。種類によっては「ALL IN ONE KIT」の内容が変わったり、別のキットが追加されている場合があります。

これで130ドルはとても安い。GMKならBaseだけでそれくらいしちゃいます。

DOMIKEY SEMICONDUCTOR

KPrepublic DOMIKEY SEMICONDUCTOR

Aliexpress DOMIKEY SEMICONDUCTOR

ハッカーになりたくて買ってみました。あとから半導体をテーマにしてることを知りました。でもハッカーっぽい色なのでモウマンタイ。

頑丈そうなプラケースに収納されてきました。これがとても開けにくい。

肉厚なプラケースで頑丈です。

キットごとにコンパクトにまとめられています。

実物でも写真でもキーキャップの表面がかなり綺麗なのがわかります。

印字もくっきりしており、触り心地もいいです。色合いがめっちゃ好みです。

これはサブに日本語を印字した「JP Alpha kit」です。トリプルショットを採用しています。サブJPはあまり好きじゃないんですが「ALL IN ONE KIT」に付属しています。

トリプルショットも印字と色合いが綺麗です。これでキリル文字とかだったら満足度大だった。

「MOD Kit」はほのかにグリーンになっています。

「NUMPAD Kit」もあります。

「ALT COLOR Kit」は蛍光色みたいなグリーンです。この色とても好きです。

「SPACEBAR Kit」もあるのでAlice配列にも対応できます。

ブラック=DOMIKEY

「DOMIKEY」のスペースバーは特殊で中央部に面取り加工がされています。普通のスペースバーのように尖っているのではなくR曲線のようにカーブがかっています。

この処理は好き嫌いがありそうなので購入する際は注意してください。スペースバーを反対に取り付けてしまうと面取りの恩恵が受けられないのでここも注意です。(スペースバー反対派へ)

ABSプラスチック採用のダブルショット成形です。成形の裏面がGMKと似ています。

こちらはトリプルショット成形です。JPが追加されオレンジ色が組み合わさっています。

キーキャップの厚さは1.5mmほどでした。

KPrepublic DOMIKEY SEMICONDUCTOR

Aliexpress DOMIKEY SEMICONDUCTOR

DOMIKEY HUSH

KPrepublic DOMIKEY HUSH

Aliexpress DOMIKEY HUSH

タコに絡まれてるキーボード。淡いパープルカラーにビビッときました。

カラーがとてもいい「Doubleshot Alpha kit」です。実は「DOMIKEY」で一番気になったキーキャップです。

表面処理もとても綺麗です。

The Beautiful PLX Custom Mechanical Keyboard」の動画も刺激になり購入決定となりました。

MODカラーもメリハリついてて好きです。

アクセントカラーがさらにかっこいい。

スペースバーは「Alpha Kit」と同じ色です。

こちらのスペースバーも面取り加工がされています。

ABSプラスチック採用のダブルショット加工の裏面。

KPrepublic DOMIKEY HUSH

Aliexpress DOMIKEY HUSH

DOMIKEY WOB

KPrepublic DOMIKEY WOB

Aliexpress DOMIKEY WOB

キーキャップの王道でもあるWOBも買ってみました。

ほぼ全てのキーボードをサポートしています。見た目も硬派でいいですね。

実物もとても綺麗に仕上がっています。

KeebTaro」さんの動画によればフォントもGMKと同じではないものの、さほど変わらない見た目になっています。

「JP Alpha Kit」は薄いグレーでひらがなが印字してあります。写真だとわかりにくいですね。

「JP Alpha Kit」のフォントはポップなひらがなです。

他キットも特に目立つ粗さなどはありませんでした。高品質で誰もが満足できると思います。

ABSプラスチック採用のトリプルショット加工の裏面。ひらがなのところはグレーになっています。

KPrepublic DOMIKEY WOB

Aliexpress DOMIKEY WOB

DOMIKEY MIAMI NIGHT

KPrepublic DOMIKEY MIAMI NIGHT

Aliexpress DOMIKEY MIAMI NIGHT

見た目もそうだが名前もかっこいい「DOMIKEY MIAMI NIGHT」も買ってみた。

サイバーパンクな見た目に惹かれました。サブにひらがなはダサいので変な記号とかにしてほしかった。

「All in one kit」はこれだけ入って129ドル。

ブラックにブルーで文字が印字されています。もちろんABSダブルショット成形なので摩擦で印字が消えません。

ひらがながどうしてもダサく見えてしまう「JP Alpha tripleshot kit」

海外の人には受けが良いのだろうか。色はピンクでかわいい。

「MOD kit」にはピンクが使われているので「Alpha kit」とメリハリが付きます。

「Alt colour」がショッキングピンクみたいな色でとてもいい。

ABSダブルショット成形の裏面。

ABSトリプルショット成形の裏面。サブレジェンドのピンク色が追加されています。

KPrepublic DOMIKEY MIAMI NIGHT

Aliexpress DOMIKEY MIAMI NIGHT

DOMIKEY X INKY AMORE:RED

KPrepublic DOMIKEY X INKY AMORE:RED

「iNKY Studio」がデザインしたキーキャップ「AMORE:RED」が届きました。「DOMIKEY」とコラボしとても素敵なキーキャップに仕上がってる。

GB期間があり2022年4月5日に購入し、同年9月頭には届きました。待機時間5ヶ月はまだ許せる…。

ブラックとレッドをベースにしたかっこいいキーキャップ。トリプルショットアルファでは大好きなキリル文字が印字されている。すでに何個か持ってる気がするが気にしちゃだめ…。

お得な「ALL IN ONE」キットを購入した。デザイン料も入ってるのか他の在庫品と比べると高めである。

「iNKY Studio」が絡んでるのでパッケージも専用になっている。プラスチック製のサラサラパッケージ。

側面には「INKY DESIGN」の文字。

中身はプラケースに入ったキーキャップと溢れてしまったキーキャップが袋詰されている。キーキャップ取り外し器具も付属。

「DOMIKEY」のプラケースは固くて扱いにくい。剛性はあるけど開封してると反動でキーキャップが吹き飛ぶ。

ダブルショット成形を採用したアルファキット。ブラックベースにレッドカラー印字がとてもかっこいい。

最近PBTの昇華印刷キーキャップしか見ていなかったので久しぶりにダブルショットを見ると印字がめっちゃ綺麗。

トリプルショットアルファキット。レッドカラーでキリル文字が追加されている。

トリプルショットの印字もとても綺麗。

このクオリティで単体購入だと40ドル前後。

実は「Novel」キットはあまり好きではない…。見た感じヒットマンみたいなデザイン。

Enterキーが切断されてる。

アクセントキーなど。レッドベースのキーが血のように赤い。

DOMIKEYロゴデザイン好き。

40%キーボードに対応したキーキャップも付属。

血の色スペースバーもあります。

赤いファンクションキー持ってないので新鮮。

Alice配列にも対応できるスペースバーキット。

多分使わないであろうNUMPADキット。

キーキャップの厚みは1.5mmほどでした。

ABSプラスチックを採用したダブルショット(左)とトリプルショット(右)成形。

アフターマーケットで購入した「INFINIKEY DARK CYRILLIC」が似ていたので比較してみました。やっぱり比べてしまうとABSトリプルショット成形のほうが印字がすごく綺麗。書体も結構違う。色味もDOMIKEYの方が真っ黒でINKは少し明るいカラー。

今回GBで購入してしまったので今後Extra販売をするのかは不明ですが、ほしい方は「KPrepublic」を監視しておくと良いでしょう。

KPrepublic DOMIKEY X INKY AMORE:RED

スポンサーリンク

PBTfans

PBTfans」は「KBDfans」から生まれた新しいキーキャップメーカーです。

キーキャップを作成する際にかかる長い待機時間を減らし、すぐに手に入れてもらえることが売りのようです。また、GB(グループバイ)購入もありますが、入る前にはカラーマッチングなどが全て完了しており、GB後すぐに手元に届くように努力するようです。(GB終了後3ヶ月後予定)

PBTfans」のキーキャップトレイはPC素材になっており、テンキーキットを含むキーキャップ全体を収納できるように作成されています。

見た目も美しいです。

PBTfans SPARK

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT SPARK

早速In Stockで販売開始された「SPARK」を購入してみました。やっぱりIn Stockは最高。

カラフルなModキットが特徴です。

パッケージデザインにも力を入れており、おしゃれでかっこいいです。

側面にもキーキャップアイコンが印刷されています。

キーキャップは専用のプラスチックパレットトレイ(PC素材)に格納されてきます。どこぞのじゃがいもケースとは…。

PC(PolyCarbonate)素材で「SPARK」の場合はトレイが半透明になっておりかっこいい。トレイもぴっちりフタがハマるようになってるのでこのまま保管しても問題なさそうだ。

キーキャップは「PBT Doubleshot」を採用しておりお金がかかりそうな成形をしている。でも、「Base kit」は89ドルくらいだったのでそこまで高くない。

印字もしっかりしており色味も好みです。

Icon Modを採用しています。(Shiftとかの文字がない)

テンキーキットも付いています。

「Base kit」の他にも「Mod kit」と「SpaceBar kit」を購入してみました。

「Mod kit」は色味が強くいいアクセントになりそうです。「SpaceBar kit」は今後入手するかもしれないAlice配列用に買いました。

「PBT Doubleshot」は初めて手に入れましたが確かに2色成形になっています。面白い。

キーキャップの厚みは1.6mmほどでした。

継続的に在庫は供給されるそうなので気になった方はぜひ購入してみてください。

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT SPARK

PBTfans NEON

素材ABS
印字Double-Shot / Triple-Shot

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT/TRIPLESHOT NEON

PBTfans」で期待していた「NEON」も買いました。

トリプルショットAlphaキットがとてもかっこいい色合いです。

パッケージのタコが良い。

なお「PBTfans」シリーズですが「NEON」は素材がABSになっています。

ケースはブラックになっており、少し透過しています。

NEON」の「Base kit」は半透明のようになっており普通のキーキャップとは見た目が違います。「Tai-Hao Purple Boom」もこんな感じの見た目をしていて気になってます。

世代的に半透明とか透明が好きなのでこのキーキャップはとてもお気に入り。

印字もはっきりしていてかっこいいですね。

Icon Modを採用しています。(Shiftとかの文字がない)

テンキーキットも同梱されいます。

NEON」の目玉でもある「Tripleshot for JP Sub-Legends alpha kit」です。僕はひらがな・カタカナ記載は好きじゃないんですが、色味と構造が気になったので買ってみました。やっぱりトリプルショットはほしくなる。

JPが印字してある半分が緑色になっていますね。どういう構造なんだ…。

mStone SAFE Keycap STORAGE」に格納しました。実は「Spacebar kit」も全種類買ってました。自分が怖い💸

公式が投稿してたこれがやりたかった。でもこれをやるためには全種類買わないといけない…💸

「Spacebar kit」の4種類も色味がいい感じでかっこいい。

この表面から見える穴はなんなんだろ。ただのデザイン?

裏面はカラフルです。

Doubleshot成形された裏面。

Tripleshot成形された「Alpha kit」の裏面。

キーキャップの厚みは1.6mmほどでした。

ちなみに普通にやらかしがあり、イエローの「Spacebar kit」の矢印キーがおかしいです。下キーが2つあり、右キーがありませんでした。これはすぐにサポートに連絡したので交換キーを送ってもらえました。

検品はとても大事なので届いたらすぐにやりましょう。

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT/TRIPLESHOT NEON

PBTfans WOB

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT WOB

In Stockされた「PBTfans WOB」を買ってみました!オールブラックのキーボードっていいですよね…。

パッケージはやっぱりおしゃれです。

宇宙にキーキャップが発射されている。

裏面にはKBDFANSのロゴ。

キーキャップが収納されたケースは「SPARK」と同じですね。

PBTfansはやっぱり品質いいですね。これで1万円以下は買い。

フォントが細く見た目もいい感じです。

アクセントでホワイトキーキャップが付いてるのも嬉しいです。

矢印キーも2色あります。

今回はIcon Mod(Shiftとかの文字がない)になっていますが、後日Text Modも販売されるそうです。

ISOキーが3つも入るトレイ最高です。

Alice配列のためにスペースバーキットも購入済み。なおAlice配列は持ってない模様。

PBTプラスチック採用のダブルショット成形です。

キーキャップの厚みは1.6mmほどでした。

無難なキーキャップですが、WOBは人気があるので欲しい人が多いはず。

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT WOB

PBTfans BOW

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT BOW

キーボードにコーヒー豆をまくとめっちゃおしゃれ…。

PBTfans WOB」とは真逆なホワイトパッケージ。

半透明なホワイトキーキャップトレイに収納されてきました。このトレイ便利なのでトレイだけ売って欲しい。

真っ白なキーキャップです。アクセントにブラックも加えられています。

今回In Stockだったのは「Icon Mod」だけでした。「Text Mod」は後日入荷になる模様。

「Text Mod」もほしけど無限キーキャップ編に突入してしまう…。

キーキャップのフォントがシュッと細身で好みです。

Icon Modキットです。

PBTプラスチック採用のダブルショット成形です。

スペースバーの裏面。

商品ページ PBTFANS™ DOUBLESHOT BOW

PBTfans PURPOLCH

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTFANS™ PURPOLCH

PBTfansの新作「PURPOLCH」を購入してみた。ダークベースでアクセントにパープルカラーが使われててかっこいい!

パッケージはシンプルで真ん中にロゴがある。

高品質で使い勝手がいいケースに収納されている。

こちらが本体。レンダリング見本とカラーはほとんど同じ。
実物見ると思ったよりIcon Modのパープル印字が見辛い…。

落ち着いたダークベースでおしゃれ。

Icon Modの印字がかなり見辛い。肉眼でも視認しづらい。

ケースの2段目。

スペースバーキットも購入。アローキーの色違いも付属しますのでお得。

Icon Modを接写して見やすく加工してみました。こう見るとなかなかおしゃれ。
PBTプラスチック採用のダブルショット成形。

キーキャップの厚みは1.6mm程でした。

新作がインストックですぐでる「PBTfans」かなり積極的でこれからも期待大。

商品ページ PBTFANS™ PURPOLCH

PBTfans TWIST

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTFANS™ TWIST

PBTFANS」の新しいキーキャップ「PBTFANS™ TWIST」が販売されました。工業用みたいなグレーキーキャップです。もちろん購入しました💰

「BASE」は2色のアクセントキーを交えたセット。このイエローがさらに工業感をだしている。

パッケージはなんかおしゃれなデザイン?ってやつ。

側面のデザインもイエローを取り入れている。

裏面のKBDFANSのロゴもイエロー。

PBTFANS™ TWIST」からはついに「PBTFANS™ KEYCAP TRAYS」が3段仕様になりました。このケースは収納力が高くBASEと細かいキーキャップを入れるのに便利。

別途「PBTFANS™ KEYCAP TRAYS」単体で販売をはじめたので購入するか迷っている。。。

こちらが本体。

ファーストインプレッションとしては見本画像より少し明るいかな?って思いました。もう少し暗めでも良かった。

見た目は工場で使ってそうなキーボードな色合いです。ブラック、グレー、ベージュなどに合いそうです。

NicePBT Black on Grey」と比較してみるとこんな感じ。

さすが「PBTFANS」印字はとても綺麗です。

2段目のキットです。僕が好きなイエローカラーでとても良い!
2段目にISOキーが2つ入るのポイント高い。

イエローな矢印キーがかっこいい。横にある透明なプラ蓋が付いたキーキャップは初めて手にしました。

3段目はアクセントキーとスペースバーが入っている。

R1をこのキーにしてオシャンなキーボードを組みたい。

スペースバーキットは残念ながら別売り💸

3段目には隙間が多いのでパズルすればスペースバーキットも収納可能。

キーキャップを拡大してみました。PBT素材のダブルショット成形。

例のプラ蓋キーキャップ。

プラ蓋は取り外し可能で外した面にシールなど貼って使う人もいるようだ。

キーキャップの厚みは1.6mmほどでした。

PBTFANS™ TWIST」にはJPをサブレジェンドしたトリプルショット成形バージョンもあるので気になった方はぜひ。JPじゃなかったら買ってた。

商品ページ PBTFANS™ TWIST

PBTfans Basin

素材PBT
印字Double-Shot

商品ページ PBTfans™ Basin

GB(グループバイ)で購入した「PBTfans™ Basin

2022年6月29日に購入し2022年10月3日に手元に届きました。約3ヶ月で着弾。
GMKだとこうはいかない。

でもGB購入者に発送後、RESTOCK販売されていたのでどうしてもほしい物でなければGBで購入しなくてもよいかもしれない。値段もGBの時と同じ。

合わせたいカラーのキーボードがあるので今回は「Adriatic Base」を選択。

アドリア海をイメージした深い海の色合い。グラデーションになっているのもポイント高い。

こちらがパッケージ。泡?

「KBDFANS」とデザイナー「Asynq」がコラボしたキーキャップ。デザイナーについてはよくわからない。

評価が高い「PBTFANS KEYCAP TRAYS」に収納されています。今は単品でも買える。

色味は許容範囲ですが、見本より少し明るい感じがする。もっとダークでもよかった。

グラデーションはまぁまぁ綺麗。深海へ沈んでいく様をイメージしてるらしい。

Enterキーの色合いがいいアクセント。

2段目のキット。「PBTfans」は「Numpadキット」が別れているので余計な出費がなくてよい。

スペースバーキットはいつも買う。

PBTダブルショット成形の接写。

キーキャップの厚みは1.66mmほどでした。

PBTfans™ Basin」には「GMK Hammerhead」に似たかっこいいベースキットもあるので似たような色味を探してる人はぜひ。僕はこっちととても悩んだ。

商品ページ PBTfans™ Basin

スポンサーリンク

Novelkeys Keycaps

Novelkeys」で販売されている「CHERRY」シリーズ。シリーズなのかは不明。
CHERRY MILKSHAKE」がとても有名です。ほしい。

PBTプラスチック採用で、色合いもよく種類がどんどん出てきているので最近注目している。1万円前後で多くのキーキャップが付属しており初心者にもおすすめ。

素材PBT
印字Dye Sub

CHERRY STONE

商品ページ CHERRY STONE

石をイメージしたであろうキーキャップです。アクセントカラーがとてもおしゃれ。

Baseはストーン色。

アクセントキーキャップはなんと3色全て付属します。楽しめそう。

パッケージもオリジナルで作成されています。

蓋なしプラケースに収納されています。

ファーストインプレッションは明るい!

イメージしてるより結構明るめでした。もう少し暗めでも良かったかも。

印字はとても綺麗です。

フタの代わりにプラケースの間にクッションが挟まれています。こういう配慮が地味に効く。

分割スペースバーもあるのでAlice大好きな人でも大丈夫です。

このキーキャップを購入した決め手。とてもカラフルなアクセントキー。

これが3種類付きって最高ですね。

ISO Enterも3色あります。

PBTプラスチック採用のキーキャップ。触り心地がサラサラでいい感じ。

キーキャップの厚みは14.6mmほどでした。

商品ページ CHERRY STONE

CHERRY SAND

商品ページ CHERRY SAND

Hello M0110」にとても良く似合ってるキーキャップです。「GMK Copper」をもっと薄くした感じ。本当はCopperがほしいですが、手にはいらないのでこちらを購入しました。

かっこいい色ですが使い勝手は選びそうな色合いです。

SANDという名前から砂をイメージしてるのでしょう。砂っぽい色です。

こちらもアクセントキーが3色付属します。嬉しい。

パッケージも砂感があっていい色です。

こちらが実物ですがかなりレンダーに近い色合いです。これは文句ありません。

印字も綺麗でいい感じです。

アクセントキーの3色もいい色合いで当たりでした。なんちゃってCOPPERが欲しい人はおすすめ。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

奇抜な色味のキーキャップですが、合わせてみたいキーボードが手元にあるので完成したら写真を上げます!ぜひ、商品ページも見てみてください。

商品ページ CHERRY SAND

CHERRY CHARCOAL

商品ページ CHERRY CHARCOAL

グレーの「GOK 7V」によく似合ってるキーキャップです。WOBはたくさんもってるしいらないかなっても思ったのですが、気づいたらポチってました💸

印字をグレーにして、どのキーボードにも似合うおしゃれなキーキャップです。

「Base kit」はブラックで無難ですが、好きな人が多そうなデザインです。

アクセントキーの3色はブラックに合うように考えられた配色になっています。

こちらもかっこいいパッケージに入っています。

最近出たばかりのキーキャップのせいか値段は他のキットより高い95ドルになっています。

表面がとても綺麗です。

レンダーと変わらない色味でかなりいい感じ。

印字部分はグレーになっています。

アクセントキーもレンダーと同じカラーでいい感じです。どこかミリタリー感もあります。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

F1、F2キーを接写してみました。印字の色味が好きです。

複数セット持っていてもいいなってくらい品質と色合いがよかったです。気になる方は商品ページも合わせて見てみてください。

商品ページ CHERRY CHARCOAL

CHERRY EMBER

商品ページ CHERRY EMBER

ずっと気になってた炎のキーキャップ「CHERRY EMBER」を購入しました。鬼滅の刃に出てくる「煉獄杏寿郎」みたいなカラー。

ホワイトに赤文字は持ってなかったので気になってた。

分割スペーズバーなどもろもろ標準装備。このシリーズでもノベルティがほしい。

アクセントカラー3種は過激な炎カラーです。

すでにパッケージが燃えています。

プラケースですがフタはなく緩衝材が間に挟まれているだけです。これでもキーキャップがバラけたりはしませんでした。

これが煉獄カラーのキーキャップ。どのキーボードに使うか迷いますが、これでかっこいいキーボード作りたい。

赤文字がとても綺麗です。

テンキーキット。

その他MODキット。

アクセントキットはとてもいい色合いです。なかなか遊べそうなカラー。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

キーキャップを接写してみました。

キーキャップの厚みは1.5mm程でした。

CHERRY EMBER」はネットで検索してもあまり情報がなかったので購入を迷いましたが、買ってみたら今までにない色合いでなかなか良きです。気になった方はぜひ。

商品ページ CHERRY EMBER

CHERRY TARO

商品ページ CHERRY TARO

GMK Taro」を見てからずっと欲しかった「CHERRY TARO」がついにインストックされ購入することができました。GMKは高いけどこっちなら全部入り95ドル。

色味同じだしもうこれでいいじゃん…。

パープルキーボードに合わせたいカラーです。

基本キットはこちらになっています。ほとんどのレイアウトはサポートしています。

他キットの違いはなぜか3種のアクセントキットではありません。方向キーやEnter、ノベルティがセットになっています。ノベルティがかわいいので許せます。

パッケージがとてもかわいい。

側面にもかわいいロゴが散りばめられています。

TAROをデザインした「PWade3」のロゴもあります。

梱包はいつもの通りふにゃプラケースです。

ついに手に入れることができた色味です。かわいい。

ホワイトブラックで無難なキーボードもいいんですが、たまにはこういう奇抜なカラーでタイピングしたい。

テンキーとアクセントキーセット。

アクセントもかわいいカラーでいい感じ。イエローでキメていきたい。

スペーズバーとノベルティキーセット。

タピオカやアイス、たいやきなどが描かれたキーキャップです。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。日本では廃れてきたタピオカですが僕は今でも好き。

キーキャップの厚みは1.5mm程でした。

CHERRY TARO」は結構人気があるのでインストックされている今がチャンスです。またいつ買えるかわからないのでビビッときたらポチっておきましょう。

商品ページ CHERRY TARO

スポンサーリンク

OTC Keycaps

キーボードショップ「OMNITYPE」が自社キーキャップ「OTC(OMNITYPE CHERRY)」を発表しました。昇華印刷(Dye sublimation)を採用したPBTキーキャップです。

短納期で安く購入できるキーキャップを目指しており「PBTfans」といいライバルになりそうです。販売はメインキットの1つだけにし多くのキーボードに対応したキットを提供します。

対応サイズ: Full-size, 1800, 1800CP, TKL, 75%, 65%, 60%, MX HHKB, Alice, ISO and more!

昇華印刷(Dye sublimation)を採用することで、GMKのように時間がかかる納期を短縮し、すぐに手元に届く販売方法を採用しました。

パッケージもシンプルでおしゃれに仕上げています。

価格は「$84.99」を基準とし、暗いベースの明るい印字のキーキャップは製造コストが上乗せされるようです。100ドル切っているのはかなり嬉しい。

素材PBT
印字Dye Sub

OTC MODO LIGHT KEYCAPS

商品ページ OTC MODO® LIGHT KEYCAPS

GMKで製造・販売した「GMK MODERN DOLCH® LIGHT KEYCAP SET」のOTC版が先行販売されました。とても人気のあるデザインでかっこいい。

GMKのスタンダードキットが「$154.99」に対して、OTCは171個のキーキャップが付いて「$84.99」という驚異的な安さになっています。送料が気になるところですが「遊舎工房」さんなんかの国内販売業者で今後取り扱いしてくれればとても嬉しい。

ということで購入してみました「OTC MODO® LIGHT KEYCAPS」です。パッケージはグラデーションかかったシンプルデザイン。まさかGMK以外でこのロゴを見ることになるとは。

パッケージ右下には「OTC」ロゴが印字されている。

左上にはキーキャップの詳細が記載されている。

側面には「MODERN DOLCH LIGHT」の文字。

裏面には「OMNITYPE」のロゴ。

外箱を開けてみると中には黒い箱が入っている。「OMNITYPE」ロゴがかっこいい。

キーキャップはプラケースに多段で収納されています。この形態は完全に「Novelkeys Keycaps」と同じ収納方法。

色味がとてもいい!GMKの「Modo® Light」も以前所持していましたが全然負けてない。キーキャップの成形も印字もとても綺麗。重さ・厚さもあり触った感じも気持ちいい。

Modキットの印字は全て「Icon + Text」

2段目のキット。テンキー用の数字とISOキーが4個も入ってる。

3段目のキット。Alice用の分割スペースバーやアクセントキーが収納されている。

個人的に嬉しかった「OMNITYPE」ロゴキーキャップ。

PBT採用のキーキャップ。

キーキャップの厚さは1.49mmほどでした。公式では「1.45mm (± 0.1mm)」

昇華印刷(Dye sublimation)全てに言えることですが、若干の印字ズレや印字の滲みは発生するようです。僕のOTCでも数字部分のズレが発見できました。滲みは僕の目では気にならないレベル。

詳しくは「OTC Keycap Quality Standards」を参考にしてください。

キーボードにのせてみた

E7-V2」にのせてみました。PC(ポリカーボネート)ケースにとても合う色合い。

シンプルでかっこいいキーキャップを求めてる人におすすめ。

商品ページ OTC MODO® LIGHT KEYCAPS

OTC 9009 KEYCAPS

商品ページ OTC 9009 KEYCAPS

先行販売されたもう1つのキット「OTC 9009 KEYCAPS」も購入。レッドとグリーンのアクセントがかっこいいベージュオンベージュの人気カラーです。

ちなみに「GMK 9009」はすでにR3まで販売されている人気商品。

この写真がセンスありすぎて羨ましい。デスクマットもかわいい。

OTC MODO® LIGHT KEYCAPS」よりはキー数が166と減っていますが、ほとんどのキーボードをサポートしたメインキットになっている。

パッケージもベージュオンベージュで「Nine Zero Zero Nine」とかっこいい表記がされている。

側面にも「Nine Zero Zero Nine」の文字。

レトロ感ある色合いで多くのキーボードに合いそうです。アクセントキーがなくても全然ありな見た目。

OTC MODO® LIGHT KEYCAPS」であった印字ズレもほとんどなく、とても綺麗。

完成されたクラシックデザイン、ぜひ購入してみてください。

2段目のキット。大きいEnterは3個付属します。

3段目のキット。アクセントキーの色合いがとてもいい!

もちろん「OMNITYPE」ロゴキーキャップもあります。

PBT採用のキーキャップ。

キーキャップの厚さは1.5mmでした。公式だと「1.45mm (± 0.1mm)」

Nine Zero Zero Nine」の色合いはいつも購入を迷うのですが、OTC版になって価格も安くなったので思い切って購入してみた。クラシックカラーがとてもよくて色々なキーボードに合わせたくなる満足度大のキーキャップになっている。

商品ページ OTC 9009 KEYCAPS

スポンサーリンク

NicePBT

「NicePBT」が提供するPBTプラスチック採用のキーキャップです。1つのキットに全てを詰め込んでいることが特徴で分割スペースバー、Alice配列、40%をサポートしています。

手頃な価格で品質も良く、いろいろな種類が販売されています。

最安値で59ドル、高くても80ドル程度で多くのキーキャップを手に入れることがでいます。

パッケージも種類ごとに用意されておりかっこいいです。

素材PBT
印字Dye Sub

NicePBT Retro Mizu

商品ページ NicePBT Retro Mizu

GMK Mizu」とはちょっと違う「NicePBT Retro Mizu」です。レトロということで印字がドットフォントになっています。

1キットでいろいろなキーボードをサポートしています。少ないですがノベルティもあります。

パッケージもレトロ仕様になっており、お魚さんがドットになっています。

プラケースに収納されてきますが、このプラケースはペラペラで使いづらいやつでした。価格が安いので仕方ないと思いますがもう少し頑丈にして欲しい。

キーキャップの見た目は素晴らしくレトロ印字で懐古厨に刺さるデザインになっています。

印字もにじみなどなくきれいに整っています。

CtrlやAltキーもドット化されています。

分割スペースバーやノベルティが付属するのも嬉しい。

水が印字されてるキーキャップ。

GMK Mizu」と比べるとどうなんですかね。色味とかそんなに変わらないでしょうか?

PBTプラスチック採用のキーキャップ。接写すると%もドット化してる。

ShiftキーやEnterキーの裏面。

キーキャップの厚みは1.5mmほどでした。

このキーキャップと同じシリーズの「Retro Mizu Deskmat」もありましたが残念なことに買えませんでした。こちらも可愛いデスクマットになっています。

商品ページ NicePBT Retro Mizu

NicePBT Black on Grey

商品ページ NicePBT Black on Grey

シンプルなグレーキーキャップ「NicePBT Black on Grey」です。「GMK Oblivion」を手放してしまったので代わりにならないかなと買ってみました。

GMK Oblivion」と比べてしまうとかなり物足りない気がしますが安いので良しとします。

パッケージはなんか適当な感じがあります。みんな大好き大砲ロゴもあります。

NicePBT Retro Mizu」と同じプラケースです。このプラケースはふにゃふにゃです。

実物の色味は無難という感じでいろいろなキーボードに合いそうです。

アクセントカラーでブラックキーキャップも付属しています。

みんな大好き大砲ロゴキーキャップもあります。

PBTプラスチック採用のキーキャップ。

キーキャップの厚みは1.7mm程でした。「NicePBT」だから厚みは全て同じだと思っていましたが違うようです。

キーボードにのせてみた

SQUARE.X 60%」にのせてみました。イエローフレームに合わないかなと思いましたが結構いい感じです。

グレーとブラックだけだとどうしても地味になるのでもう1色アクセントカラーを入れるとかっこよくなると思います。

商品ページ NicePBT Black on Grey

NicePBT Sugarplum

商品ページ NicePBT Sugarplum

お菓子の名前が付いた「NicePBT Sugarplum」です。シュガープラムという砂糖菓子をイメージしてるらしい。

ライラックカラーのアクセントがいい感じです。

パッケージにはティンカーベルのような妖精とシュガープラムが描かれています。

こちらもふにゃふにゃプラケースに入ってきました。

ライラックカラーがかなりいい色味になっています。

Modキットもブラックにライラックカラーでいい感じです。写真だとライラックってわかりにくいですね。

矢印キーもライラックカラーになっておりおしゃれ。65%や75%でいいアクセントになりそう。

みんなだいs・・・大砲です。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

キーキャップの厚みは1.8mm程でした。かなり肉厚!!

商品ページ NicePBT Sugarplum

NicePBT Sweater Weather

商品ページ NicePBT Sweater Weather

最近販売された「NicePBT Sweater Weather」を購入してみました。

アイルランドの漁師のセーターをテーマに構築されたようです。ホワイトの「Satisfaction75」にとても良く似合っています。

もちろんほとんどのキーボードレイアウトをサポートしています。

「NicePBT」のプラケースはふにゃふにゃでイケてない。。。届いたときもキーキャップが爆発してた。

このあわい温かみのあるような色味に引き寄せられました。とてもかわいい。

MODとAlphaの色味もマッチしており素敵。

アクセントとしてグレーカラーが入っています。

アルファベットの文字もかわいい色です。

テンキーやスペースバーキット。

他のMODキットです。ノベルティも含まれています。

セーターの網目みたいな模様がとてもかわいい。

大きいEnterは別で収納されていました。こちらもセーター柄でかわいいです。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

キーキャップの厚みは1.8mm程でした。

完全に衝動買いだったのですが届いてみると色味が思った以上に良かったです。これでかわいいキーボード作ります。ALLキットで84ドルとお安いです。

商品ページ NicePBT Sweater Weather

NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige

商品ページ NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige

CannonKeys」で限定個数で入荷したとのことで勢いで購入してしまった「NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige

クラシックベージュな見た目にレッドキリル文字が特徴的なキーキャップ。レッド以外にもグリーン、ブラックがあります。

ほとんどのキーボードをサポートしたキーセットになっている。分割スペースバー、テンキーも付属。

パッケージは量産型な見た目。特徴なし。

側面には「Red Cyrillic」の文字。

キーキャップは多段のプラケースに収納されている。これがなかなか高品質。

見本の通りとてもきれいなキーキャップ。ベージュにレッドキリルとぼくの感性に刺さる。

PBTの割にはザラつきが少なく、印字も綺麗。ズレもほぼない。

この品質で「$64.99」は嬉しいお値段💰

2段目のキット。矢印キーは1種類のみ付属。

3段目のキット。分割スペースバーが嬉しい。キーキャップ取り外し器も付属。もう何十個もある気がする。

PBTベースの昇華印刷(Dye sublimation)を採用している。

キーキャップの厚みは1.75mmと肉厚。

NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige」が届いたときなにか既視感を感じた。そうぼくは「Aliexpress Red Russian」というめっちゃ似てるキーキャップを買っていた…。だから比較してみた。

Aliexpress Red Russian」のアルファキットの方が白いのがわかる。見た目が美しいのは「NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige」かと思う。

色味の比較。どちらが好みだろうか。

NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige」は数量限定の販売のために欲しい人は今のうちに買っておこう。キリル文字以外にも韓国語と日本語バージョンもあるが韓国語はすでに売り切れでした。韓国語があればそっちを買ってたかも。

商品ページ NicePBT Cyrillic Sublegend Classic Beige

スポンサーリンク

CannonCaps

「CannonKeys」が提供するキーキャップ「CannonCaps」です。低価格で多くのキーボードをサポートします。

「NicePBT」と同様100ドル以下の価格で多くのキーキャップを入手することができます。

パッケージは1つ1つオリジナルになっており、かっこいいです。

側面にはキーキャップをぶっ放す大砲。

CannonCaps」は今のところ総じてキーキャップの品質がよく満足度が高い。価格もGMKより抑えられてるので初心者にもおすすめできる。

素材PBT
印字Dye Sub

CannonCaps ZeRo

商品ページ CannonCaps ZeRo

見た目がとてもかっこいい「CannonCaps ZeRo」です。これはあきらかにゲームのあれをモチーフにしているのでは…。

ちなみにこれが「CannonCaps」の最初のキットだそうです。

デザインのせいなのか他の「CannonCaps」より価格は高めでした。購入時$132.99でした。

高いけど分割スペースバーは付いていませんでした。悲しい。

パッケージデザインはあきらかにあれを思い出させる外観です。

模様もとてもおしゃれです。

ren?とは

プラケースに収納されて届きました。

このプラケースはとても品質が良かったです。キーキャップごとに分割された作りになっているので振ったりしてもキーキャップがバラけることがありません。素晴らしい!

肉厚なプラケースなのでふにゃけません。また段ごとにフタがついてるのもGood。

実物は見た目もかっこいいですが、キーキャップの品質がとてもいいです。触り心地もサラサラで他のPBTキーキャップとは全く違った感触です。

印字も綺麗でかなり満足度が高い。

あれの武器としか思えないようなEnterキーも付属します。

3色が使われた構成になっており、扱いやすいキーキャップになっています。

PBTプラスチック採用のキーキャップです。表面はツルツルでとても良い。

キーキャップの厚みは1.5mm程でした。

この記事を書いてるときにはすでに売り切れ状態でした。入荷したらぜひ試してみてください。

キーボードにのせてみた

E7-V2」にのせてみました。「CannonCaps」はキーキャップ表面がサラサラで感触が最高です。打ち心地もかなり良い。

例のアイコンキーキャップもいいアクセントになってかっこいい!

商品ページ CannonCaps ZeRo

CannonCaps 407

商品ページ CannonCaps 407

赤いサブレジェンドが特徴的な「CannonCaps 407」です。ヴィンテージのシンボリックスキーボードからインスピレーションを受けて作られました。

価格は79ドルでAlice配列に対応した分割スペースバーや40%キーボードなどもサポートしています。

古いキーボードの知識がほとんどないのでわからないですが、パッケージに書かれてるのがシンボリックスキーボードなのかな?

側面には「PBT407」の文字。まず407ってなんだろ…。

「Dyesub PBY Cherry Profile」

キーキャップは高品質なプラケースに収納されて届きます。これが振ってもバラバラにならない超便利プラケース。

赤いサブレジェンドがとても良くて購入を決めましたが実物もとても良いですね!何文字っていうんだろうかこれは。

Modキットは下半分が赤色で印字されています。これもまたおしゃれです。

ぼかしておしゃれに撮ってみたり。

表面の品質もとてもよくPBTとは思えないサラサラ感があります。

ノベルティもいくつか付属します。ガイコツ?

PBTプラスチック採用のキーキャップです。

キーキャップの厚みは1.5mm程でした。

商品ページ CannonCaps 407

CannonCaps 9009 Dark

商品ページ CannonCaps 9009 Dark

遊舎工房でも買える CannonCaps 9009 Dark

「CannonKeys」によって設計された「CannonCaps 9009 Dark」が販売されずっと気になっていたので購入してみた。以前紹介した「OTC 9009 KEYCAPS」をダークカラーにしたキーキャップセット。

明るい9009とは違ったイメージとなっており、普通に飽きた人にぴったり。

ほとんどのキーボードをサポートし、分割スペースバー、多色なアクセントカラー、テンキーと大ボリュームで「$74.99」という安さ。

僕は「CannonKeys」で購入してしまったが実は遊舎工房で買える…(購入後に気づいた)

ブロックがいっぱいなパッケージ。なかなかおしゃん。

風呂場風タイルにみんな大好きキャノン砲。

ミリタリーを感じるキーキャップ抜き取り器も入ってた。

キーキャップは多段のプラケースに収納されている。わりと使いやすいプラケース。

見た目がとても好き!そして「CannonCaps」シリーズはPBTなのにキーキャップの表面がとてもサラサラで触り心地がとても気持ちいい。触り心地ならGMK ABSにも負けないと思う。

表面サラサラ、印字綺麗、ズレなし、これで「$74.99」はお買い得💰

アクセントキーもあるのでたくさん遊べる。

期待以上に気に入ってる自分がいる。刺さる人いるかな。

2段目のキット。ボリューミーなキー数。

3段目のキット。アクセントキーが多い。矢印キーは3種類もある。

4段目のキット。こちらはスペースバーのみ。

PBTベースの昇華印刷(Dye sublimation)を採用している。

キーキャップの厚みは1.47mmほどでした。

まだまだ在庫があるっぽいので売り切れる前に購入しよう!国内でも買えるのがデカい。

商品ページ CannonCaps 9009 Dark

遊舎工房でも買える CannonCaps 9009 Dark

スポンサーリンク

ePBT

たくさんのユニークキーキャップを製造しているメーカー。

出しているキーキャップが多すぎて僕も把握しきれていませんが、多くのデザイナーさんのキーキャップを製造・販売している有名メーカーです。

メーカー名の通り「PBT」素材のキーキャップを作っています。

ePBT Ivory」はゾウのデザインが可愛くて人気があります。

素材PBT
印字Dye Sub

ePBT “無印·WUYINZHUYIN”

商品ページ ePBT “無印·WUYINZHUYIN”

ReStock情報で購入した「ePBT “無印·WUYINZHUYIN”」です。中国語とひらがなを組み合わせたような謎サブ印字が特徴です。

キットが分割されていますが今回はある程度セットになった「Base+ Numpad+Icon+Graph」を購入してみました。

パッケージは真っ白な箱でした。無印の文字がいい感じ。

サイドの”無”ロゴもかっこいい。

キーキャップはプラケースに収納されてきました。

頑丈なプラケースで開け締めもしやすい。

なかなか肉厚なプラです。

真っ白ではなくオフホワイトのような色味です。

サブのこの謎文字が決め手で購入決定でした。

矢印キーには東西南北の印字でかっこいい。ブラックバージョンもあると嬉しかったかも。

Enterキーも2種類入っています。